中央区で中古マンションを購入するメリット

東京都中央区で中古マンションを購入する最大のメリットは、今後も値上がりを見込める地域だということでしょう。銀座エリアや人形町エリアや八重洲エリアでも今後は値上がりを期待できますが、月島・佃・晴海エリアは、さらなる値上がりが期待できるといえるでしょう。銀座エリアや人形町エリアや八重洲エリアは現時点でも坪500万円近い値段のマンションがほとんどになりますので、現状でも高い値段です。しかし、海外と比べればまだまだ安い値段といえます。さらに、今後も開発が見込めますのでさらなる利便性の拡大が期待できるでしょう。晴海エリアなどは、現状は交通の便が非常に悪くなっています。それが、今後BRTや地下鉄の整備などで交通の便が非常によくなることが計画されていますので、今後の値上がりは十分に期待できるでしょう。

東京都中央区晴海エリアの将来性

晴海エリアは、この数年大規模なマンションが次々に建築されました。1000戸単位のマンションばかりができております。この物件が現在中古市場に流通されてきておりますので、中古市場は盛んであるといえるでしょう。そして、現時点で新築時よりもかなり高い値段がついている物件ばかりになっております。そして、このエリアは現在東京駅から3キロメートルと非常に近い位置にありながら、交通の便が非常に悪く放置されていた地域といえます。そして、この欠点である交通の便が、今後利便性が上がることが期待されております。BRTシステムの導入は2020年までにはされる計画ですし、地下鉄の計画も今後10年単位ですがありますので、さらなる値上がりの期待ができるエリアといえるでしょう。

他エリアの中古マンションの将来性

東京都中央区の他の地域は、現時点でかなり開発されている地域ばかりですので、中古マンションの値段もそれなりの値段になっています。晴海エリアは現時点で坪300万円程度ですが、他地域は坪400万円以下の物件は存在していません。ただ、この周辺は今後も開発が続いてされる予定ですので、少なくとも値段が下がる可能性は非常に低いといえるでしょう。従って、現時点で高い値段であっても売却するときに高い値段で売却できるのが想定できますので、ある程度頑張って購入しても資金的に苦しむことはないことが想定されます。仕事などをやっている時代は都心に住み仕事を辞めて定年になったときにこのマンションを売却して地方にいくなどをすることが出来ればある程度高い中古マンションを購入するのも一つの手だといえるでしょう。