中古マンションを中央区で購入したい人へのアドバイス

東京都中央区の中古マンションは二つのタイプに分かれることになります。銀座エリアや八重洲エリアや人形町エリアのように商業エリアに近くて交通の便がいいところになります。このエリアだと坪平均500万円近い物件が多くなっています。3LDKだと1億円近い金額が購入時にかかることになるでしょう。サラリーマンではなかなか厳しい金額といえます。それに比べて晴海エリアなど海に近いエリアに関しては、坪300万円程度の金額になります。ここは、東京駅には近いのですが、交通の便がよくありません。駅から歩いて10分以上のところも多くあります。その分都心3区の中でももっとも安いエリアといえますので、都心に住みたい人にとっては一番チャンスがある場所といえるでしょう。

晴海エリアの中古マンションについて

晴海エリアは、この数年で1000戸級の高層マンションが建っています。これだけのマンションですので中古物件も多く出るようになりました。このエリアは東京駅からは3キロメートルと非常に近いですが、交通の便があまりよくないので、それほど高い値段にはなりません。坪300万円程度で購入することが可能になっています。坪300万円ということは、3LDKで7000万円程度のマンションになります。東京都中央区でこの値段で買えるマンションはありませんので、都心3区で一番安い場所といえるでしょう。7000万円であれば、夫婦共働きであれば、通常の収入でも十分買える値段といえますので、お勧めの物件といえるでしょう。今後交通の便がよくなることが想定されますので、値上がりも十分期待できるといえます。

東京都中央区のその他のエリアの中古マンション

東京都中央区のその他のエリアのマンションは、坪500万円級のマンションばかりになります。購入するためには、1億円以上の物件が中心になります。従ってサラリーマンにはなかなか買うことが出来ない物件といえるでしょう。また、このエリアは外国人が非常に多く購入しています。東京駅に近く駅にも近い物件が多いですので、投資物件として買う層も多くいます。その分値段が上がっているともいえるでしょう。このように、永久に住みたいと考えるのであれば晴海エリアのマンションは非常にお勧めといえるでしょう。さらに、今後交通の便がよくなることが想定されています。BRTが2020年までには作られる予定ですし、将来的には地下鉄が作られていることも計画されていますので、それが実施されればかなりの値上がりが期待できるでしょう。