中央区で大人気の中古マンションを購入しよう

銀座、築地、月島、人形町、日本橋などの有名な地名がずらりと並んでいるのが中央区で、中古マンションをここで購入することも可能です。江戸時代から発展してきた場所なので、歴史を感じられる名所も多いです。首都圏の住みたいエリアランキングでは、6位前後で10位以内に入っています。ペット可物件やリフォーム済み、リノベーション済みの物件など、特色のある物件もあるので、条件にあったところを選べば快適に暮らすことができます。都心ということで価格は高めですが、人気のエリアなので資産価値が落ちにくいというのがメリットです。人気がある物件はどんな特徴を持っているのかを把握しておくと、家を選ぶときの助けになります。妥協したくないポイントを明確にしておくことが大切です。

ここだけは譲れない条件になっているのは何か

中央区の中古マンションを購入する際に、多くの人がここだけは妥協したくないということであげているのは、間取り図と写真有りということです。次にペット可、角部屋、南向き、最上階という順番でランクインしています。物件選びの時に写真がないと、どんな形の家なのか把握できないので、第一に間取り図と写真付きの物件を選ぶ人が多いです。ペット可物件はあまり多くありませんが、妥協できない条件ということでこれをあげている人もいます。角部屋や南向きは、近隣の部屋からの音が気になりにくい、日差しが有効活用できるということで生活のために条件としてあげられる傾向があります。最上階は首都圏エリアに住みたい人が希望条件としてあげることが多く、関西や東海ではあまり見られない条件です。

リフォーム済み物件も人気が高い

中古というと古くて汚れているイメージがありますが、リフォーム済み物件であれば新築同様に綺麗で、最新設備が付いている物件も見つかります。中央区でリフォーム済みの中古マンションを購入するメリットは、すぐに入居できる、実物を見られる、新築に比べて価格が安いということです。首都圏エリアの物件はどこも高く、まともに新築物件を買おうとすると予算が足りなくなってしまう可能性があります。そういう時にリフォーム済みの中古物件を選べば、住宅ローンも余裕を持って返済することができますし、ライフスタイルに合った物件を探すことができます。条件が良い物件は人気が集中するので、できるだけ早く決めることが必要です。もしくは、不動産屋と懇意になっておいて優先的に物件情報を教えてもらえるようにすると有利です。