東京都中央区で中古マンションを購入する際の注意点

東京都中央区の中古マンションは、2種類に分けることができます。一方が銀座エリアや人形町エリアや八重洲エリアのように、商業エリアに近いところになります。このエリアでの購入の最大の注意点は、現在価格がとても高いことが上げられます。このあたりは坪500万円近い値段がしていますので、3LDKを買うとなると1億円近いお金がかかってくることになります。そして、もう一つのエリアとして月島・晴海エリアが上げられます。こちらは坪300万円程度ですので3LDKでも6000万円台で購入することが可能になっています。このエリアで注意する点に関しては、駅から離れていることと商業エリアから遠いことが上げられます。しかしながら、今後これは解消される可能性は高いといえます。

晴海エリアのマンションを買うにあたっての注意点

晴海エリアのマンションは、現在坪300万円程度で取引されております。この金額は、東京都中央区の中では、もっとも安いエリアといえるでしょう。そして、このエリアを買う最大の注意点は駅から非常に遠いことが上げられます。駅から10分以上かかりますので、そこは注意して買う必要があるでしょう。そして、商業エリアも近くにないことも注意点になります。しかしながら、メリットも上げられます。今後、交通の便がよくなる可能性がありますので、ここの中古マンションを購入すると資産性の向上が期待できるのは大きなメリットといえるでしょう。しかしながら、将来利便性が上がるからといっても買った時は利便性が悪いところですので、その点が我慢できる人であれば購入するのも一つの手といえるでしょう。

その他のエリアのマンションの買うにあたっての注意点

晴海エリアのマンションは、現状の利便性が悪く将来的によくなっていくことと比べて他のエリアは逆に開発がすべて終了しているところになります。基本的に利便性が非常にいいところがあり、複数の駅が近くにあったりします。注意点はとにかく値段が高いことが上げられるでしょう。坪500万円しますので、3LDKで1億円近い値段がするマンションが多く存在します。東京都中央区の中古マンションは、基本的には値崩れがするようなマンションではありませんが、景気が一時的に悪くなったときに売らなくてはならなくなったときは、厳しい値段で売る必要が出てくるかもしれません。従って、資金繰りだけは重要な要素になります。景気が悪いときに売らなくてはならない状況にならない限りは問題なくそれなりの値段で売却できると思われます。